top of page
検索

【ピアノの練習】短時間で上達する練習法

いつも曲の始めから漠然と通して練習していませんか?

短時間で効果を出せるピアノ練習法をご紹介します。今日の練習から早速試してみてくださいね!


①「ここを直す」という箇所を一つだけ決めましょう。


いつもつまずいてしまう部分、

体の使い方を改善したい箇所、

音色・音のバランスや方向性、

ペダリング… 

定期的なレッスンを受けている方は、レッスンで指導を受けたところ。


気になるところがあれもこれもあったとしても「一つ」だけ、まずはこの部分を直すと決めて部分練習しましょう。

②この時に、「〇分で直す」と時間も決めると良いです

(この練習をしていくうちに、練習に必要な時間の目安がわかるようになり、曲全体にどれだけ時間がかかるかがイメージできるようになります)。

③十分に弾けるようになったと感じたら、少し前の小節から部分練習した箇所を繋げて弾いてみる。

④ ③がうまく弾けたら、ほかの箇所を①~③同じように部分練習する。

 思ったように弾けなければ、練習した部分を①~③もう一度時間をかけて取り組んでみる。


毎日練習している方で、1日の練習時間があまりない方は、1曲を通す練習は毎日しなくていいと思います(本番前を除く)。毎日練習していれば既に問題点はわかっているはずですので、自覚している課題点がクリアになってから通し練習をしたほうが効率的です。

根気のいる練習方法ですが、短時間で確実に上達します。集中力も身に付きます!


一つ前の投稿「上達しない練習法」も併せてご確認&ご活用ください🎹




最新記事

すべて表示

毎日こどもピアノコンクール特別賞受賞!

お教室の人気者のピアノ男子くん(小2)が、毎日こどもピアノコンクールにて特別賞受賞されました。おめでとうございます! 本選の大きなホールでは更にレベルアップした演奏ができるように、基礎にかえって準備していきたいです。

スキル習得に必要な時間「1000時間の法則」「10000時間の法則」

ある分野でスキルを磨き、周囲から一目置かれるようになったり「特技」と言えるレベルになるまでは、1000時間が、 その道の一流と呼ばれるようになるためには10000時間の練習・学習が必要というデータがあります(心理学者アンダース・エリクソン氏の研究によるもの。後にマルコム・グラッドウェル氏の著書『天才!成功する人々の法則』により世に広まる)。 1000時間の学習には 1日3時間の場合→約1年弱 1日

【ピアノの練習】1週間のうち1番上達する時間帯は?

ピアノの練習、1週間のうち1番上達する時間帯はいつでしょうか? . . . . . . . 答えは ◆レッスンのすぐあと!◆です。 レッスンで習ったことは、お家に帰ってすぐに一度弾いてみるとよりしっかりと定着します🎹 レッスン時間が夜間で帰宅後に音出しができない場合は、楽譜を見てレッスンの振り返りをしたりノートに纏めるだけでも効果があります。 教室の生徒達には、レッスンの後はまず復習を

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page