• 高山 愛未

ピアノを習い始めたお子様のお母様へお願い①

最終更新: 9月30日

ご訪問ありがとうございます。札幌市宮の沢・高山愛未ピアノ教室です♪


ご縁があって教室にご入会くださった生徒さんの親御様には、

たくさんの習い事からピアノを選んで頂いたこと、

また、お忙しい中、毎週の送迎・レッスンの付き添い、本当に感謝しております。

せっかく選んでいただいた習い事で、最大の結果を結ぶためにお願いしたいことが2つだけあります。


1つ目は、【練習の習慣をつけてあげてください】。

習い事には、お家での練習が必要なものと、そうでないものがありますが、ピアノは前者になります。

もちろん、講師からもお子様に練習の習慣がつくよう、工夫もしますし、お話もします。

お家でも、1日のうち、いつ練習をするか、ぜひ話し合ってください。


例えば、

●幼稚園から帰って来て ピアノ→自由時間

●学校の宿題&ピアノの練習を終えてから→遊びに行く

●学校→公園で遊ぶ→ピアノ

●朝、練習している子もいます


歯磨きや食事のように、1日のプログラムに組み込んでしまいましょう。


練習した分、

→早く弾けるようになる

→早くはなまるをもらえる💮

→上手になる

→コンクールやコンサートと活躍の場も広がる

→のちの学習習慣にも繋がる


楽しくピアノを続けられるだけでなく、活躍の場が広がったり、学習の習慣にも繋がるなどと、好循環が生み出されます。


最初は5分10分でも結構です。

上記のような好循環が作ることができれば、お子様が自ら積極的に練習してくれるようになります。


こちらもご覧ください♪

 ⇓

ピアノを習い始めたお子様のお母様へお願い②




#宮の沢ピアノ教室 #新発寒ピアノ教室 #琴似ピアノ教室 #宮の森ピアノ教室 #札幌西区ピアノ教室 #手稲区ピアノ教室 #ピアノの練習

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

部分練習していますか?

《ピアノの練習方法について》 ピアノは毎日の練習が必要な習い事ですので、生徒の皆さんは それぞれスケジュールを考え練習していることと思いますが、 部分練習していますか? ピアノを習い始めた頃は、1曲が短く、また、年齢的に部分練習が難しいということもあり、「1日に◯回弾こう」という形で練習のアドバイスをする事が多いですが、2段(8小節)以上の曲を弾くようになったら、弾きにくいところを取り出して部

ピアノを習い始めたお子様のお母様へお願い②

ご訪問ありがとうございます。札幌市宮の沢・高山愛未ピアノ声楽教室です♪ 「ピアノを習い始めたお子様のお母様へお願いしたいこと」前回に引き続き2つ目は、 【お子様をたくさんほめてあげてください】。 せっかく始めたピアノ、上手になってほしいからこそ、言ってしまう「練習しなさい!」「そこ、間違ってる!」。熱心な親御様ほど、言ってしまうのではないでしょうか。 練習しなくてはいけないこと、うまく弾けない部分

ピアノの練習をする時間がない?

「ピアノの練習する時間がないのですが…」 先日、ご入会頂いた方からの質問です。 ピアノの上達には、反復練習・日々の積み重ねが欠かせません。 始めは、5分10分でも練習の習慣をつけていただけるよう、親御様にもご協力いただいております。 その練習習慣がのちの学習習慣にも繋がります。 練習習慣、そして学習習慣がつくと、お子様の成績アップに繋がりますし 親御様が「勉強しなさい!」と言わなくて良いので、親御